お金の大切さ、周りの大切さ。

この近くのアイフル店舗

MENU
お金の大切さ、周りの大切さ。

お金の大切さ、周りの大切さ。

お金は生きていく中で絶対に必要不可欠で、今の世の中では特に、なくては困る事だらけですね。
私自身もお金がなくて困った事、お金がないゆえに失ったものは沢山あります。

 

 

18歳で一人暮らしを始めて働き始めたのですが、その時の私は未来の事を深く考えずに行動していたので、働き手に選んだ会社が日雇い派遣の会社でした。
18歳で、まだまだ楽しい事も沢山したいし遊びたいばかりで、その日のお金があればいいや、働いたらすぐにお金が手元に渡されるのが嬉しくて、日雇い派遣で働いていたのです。
けど働き出して数ヶ月後、会社が無くなり、当然その会社ではもう働く事が出来ないので、お金が入ってこなくなり私自身も生活できなくなってきました。

 

 

ほぼ毎日仕事終わりに給料を持ち友達と遊び回ってましたので、貯金なんてあるはずもなく、手元にあったのは数百円のみ。
このままでは家賃も光熱費も家賃も払えるわけがないので、路頭に迷いました。
はやく次の仕事をみつけなければと思い仕事を探していたのですが、貯金がなく生活もままならないので、その頃の私はまた日雇い派遣を選び探していました。でも車を持っていなかった為に、交通機関を使わないと行動できない状況でした。
私の手元には数百円しかないので、面接にいって使い果ててしまいます。
こうゆう時は友達に頼ってみようと考え、友達に事情を説明してかしてくれないかと聞いてみた所、断られ、距離を置かれるようになりました。正直そんなものかと唖然としたのを覚えています。
でも断られて当たり前だったと思います。私が提示した金額は、10万円。なんて非常識だったんだと今となっては思いました。一人暮らしで家賃なども払わないといけない為必要だったのです。相手も18歳でそんな大金貸してくれる訳がなく、18歳が同年代に貸してという額ではなかったと思います。

 

 

18歳という歳で一人暮らしをしたのも間違っていたとその時気付きました。
その頃の私は、まさか会社がなくなるなんて想像もしていなくて、働いてるんだから一人でも生活していけると親の反対を押し切って家を出たのです。

 

 

もう頼る相手は身内しかいないと思い、母親の所に出向かい相談しました。
10万は貸してくれましたが

 

「だからいったでしょ。その歳で一人暮らしなんて出来るわけがない、貯金もしてなかったなんて…戻っておいで」

 

と言われ、軽率な行動を反省しました。
その日から借りた10万円を手に必死で働き手を探し、またもや日雇い派遣ですがちゃんとしたお金が入ってくるようになり、母の元に帰省し共に暮らす事を選びました。

 

 

今回の事で世間の厳しさを知り、一人暮らしなんて無理だったと思ったのと、一人暮らしをする事でかかるお金を母と共に暮らす為のお金に回すことが一番いいと思ったからです。

 

 

今では一人暮らしを再開していますが、今度は昔のような過ちを繰り返さないように、先の事を頭に置いて行動できるようになりました。

 

 

身勝手すぎる私の行動も包み込み、母も大変だっただろうに10万円という大金を手渡してくれ、もう戻っておいでと言ってくれた母には心から感謝しています。