お金がない!アイフルで借りる!

この近くのアイフル店舗

MENU
お金がない!アイフルで借りる!

お金がない!アイフルで借りる!

初めてカードを作ったのは、某デパートで洋服を買うためでした。
そこが、悪夢の始まりでした。そのカードには、買い物枠のほかにキャッシングのアイフルという魔物がついていたのです。
初めは怖くて使えなかったキャッシングのアイフルでしたが、つい生活費に困り(それまではなんとかしていたのに)1万円を借りてしまいました。
最初は、翌月にきちんと全額返していました。
しかし、だんだん慣れてくると借りる行為に罪悪感が無くなっていき借りる額が、多くなってきました。
そこに、さらなる魔物「リボ払い」が登場して、全額翌日返済ということもしなくなってしまいました。
カード会社から「ご利用明細」が来るたびに、利息の欄を見ると早く全額返さないと利息だけで年間いくらなのかと計算してはぞっとしていました。
しかし、いつの間にか借りたものは自分の収入のような気になっていきました。
気が付くとカードだけで何枚も持っていました。キャッシングのアイフルも少しづつ、少しづつ増えていきました。

 

ただ、初めてカードを作った時から数年たち自分の収入も良くなっていたのであまり重要には感じませんでした。
そのころからほとんど全ての買い物、衣料品だけで無く日用品や食料品にいたるまで全てカードで支払いになっていました。
そして、給料日には家賃や光熱費を支払い、各カード会社への支払いで給料は、ほとんど手元に残りませんでした。
気が付けば、自転車操業に近い状態だったのです。でも、まだその時にはそんなことには気づいていませんでした。

 

そして、さらなる「魔物」が近づいてきました。カード会社からの買い物限度額とキャッシングのアイフル限度額の増額です。
こちらからは別に何もリアクションをおこすことなく限度額が増えたのでした。
本当は、ここで気付くべきだったのですがただただ限度額が上がったことに喜んでいました。
まるで自分の財布の中身が増えたような気分になっていました。

 

だんだん生活スタイルもそれに合わせて変化していきました。
本当だったら買えるはずのない洋服やアクセサリー、こだわった食器や分不相応の物ばかりまさに金に糸目はつけない!
そんな生活が、長く続くわけもなくなってきました。
毎日の返済額より使ったお金の額のほうが断然上回っている生活をしていたのですから当たり前のことでした。
だんだん支払いが困難になっていったと思った時には、全てのカードが限度額いっぱいまで借りられていて自転車操業さえ出来なくなってしまったのです。

 

そして、走りこんだのは消費者金融アイフルでした。