クレカのリボ払いは借金と同じ!

この近くのアイフル店舗

MENU
クレカのリボ払いは借金と同じ!

クレカのリボ払いは借金と同じ!

自分は現在大学生でありますが、入学直後に様々なクレジットカード会社と契約しカードを発行しました。
その枚数はなんと7枚!1枚につき約30万円ほどの利用可能額が設定されていましたので総額で210万円ほどの利用可能額がありました。自分はこの利用可能額を何を思ったのか自分の財産だと思い込んでしまい自分の欲しいものを次々とカードを使用して購入してしまいました。そして一括払いで支払いをできればまだよかったのですが、

 

生活費がそんなに多くない自分は分割払いやリボ払いを使用し、支払いの先送りを何度も行ってしまいました。そのせいで手数料がとんでもないことに…(苦笑)正直言って愚か者だと思いましたが、それでもカードを使った買い物を止めることはできませんでした。学年が上がっていくごとに利用額は増え続け卒業年度になった際の利用額はなんと

 

200万円を超えてしまいました。こうなってしまってから事の重大さに気づきようやくカードの使用をやめ、親と相談し借金の返済について考えることにしました。それからはもう生活費を切り詰め切り詰め、可能な限り留年をしない程度にバイトをするようにして親に手助けしてもらいながらも借金を返済していくことになりました。自分は大学生ではありますがお金を貸してくれるほどの友人はいませんでしたので親に頼らざるを得なかったのが少し辛かったですね。またクレジットカードの返済にお金が足りなくなった時は銀行の

 

カードローンのアイフルを使用することもありました。アルバイトしかしていなかった自分には貸付してくれる銀行がほとんどなく、ようやく見つけた銀行でも限度額は10万円程度と微々たるものでした。結局のところ借金を増やしてしまったことは失敗だと思いますが、クレジットカードの返済が遅れることを考えるとまだマシなほうだったかもしれません。借金の返済の為に生活費を切り詰めるにはとりあえず食費を減らすことだと思いました。以前は週に2回ほど外食をしていましたが、生活費を切り詰めるために外食は控え、友

 

人との飲みの誘いもほどほどにし、自炊をしっかりするようにしました。学食は安いですがそれでも自分で作ったほうが更に安く済むのでおにぎりや簡単な弁当を作って通学するようになりました。マンションのガスがプロパンガスなのでガスは利用した調理はなるべくせず、電子レンジを使った調理を主に行いました。パスタなどをゆでる時は鍋を使わずに電子レンジを使用するようにしました。クレジットカードの利用は金銭管理能力がしっかりした人であることが重要なことを思い知りました…。